オムツモデルにあこがれますわー

私はアラフォーという比較的高齢での出産だったので、助産師さんや先輩ママさんをはじめ、多くの方からアドバイスを頂きました。元々やや太り気味だったので、体重管理を第一に気を付けるよう言われました。しかし、常に食べていないと気分が悪くなる、食べづわりだったので、常に何かを食べている状態でした。

あっという間に20キロ近く増加し、足は象のようにむくみ、妊娠中毒で入院寸前までになってしまった、ダメダメ妊婦でした。
でも、出産自体は1時間もかからず無事に終わりましたので、結果的には優良妊婦だと自負しています。
初めての妊娠は、分からない事が沢山あって、不安な気持ちになる事も毎日といって良いぐらいありすぎますね?マタニティーライフを快適に過ごすには、約10カ月に及ぶ妊婦生活を快適に過ごすには、ママの気持ちが不安定だと、お腹の中で妊婦さんが不安な気持ちでいっぱいだとお腹の中で赤ちゃんにもその不安な気持ちが伝わります。赤ちゃんもお腹も大きくなってくると腰や足の付け根が痛むこともあります。

出産後にも使える骨盤ベルトなどを腰に巻いておくことで腰痛を緩和できます。

妊娠している間は大変太りやすくなります。この前、二人きり最後の記念に旅行し、思いっきり楽しみ、ご馳走もたくさん食べてきました。

旅行から戻ると、出発前より3キロも増えていました。
2日でここまで太ったのは人生初かもしれません。
妊娠前は食べ過ぎても次の日に食べる量を抑えたら簡単に戻りましたが、妊娠中はそうではありませんでした。

ご飯を食べなくても痩せないのです。
必要な栄養を取りながら体重を管理するのは苦労しますが、赤ちゃんのために頑張っていこうと思います。
妊娠発覚後、つわりが非常につらかったのと重労働な仕事だったため退職しました。仕事を辞めるという選択を取る人も少なくないと思いますが、身体に過度な負担がかからなければ、働き続けてもいいと思います。妊娠中は葉酸が取れるサプリメントを補うよう先生からすすめられたため摂取していました。

また貧血だったので処方された鉄剤だけでなく鉄分を多く含む食材を摂るよう注意していました。妊娠経験のある友人から、妊娠すると妊娠線が出ることを聞き、怖くて諸々調べてみました。

保湿が重要ということを知り、安定期を過ぎてからは日々必死で保湿クリームを塗っていました。
1日に何度も塗り直しをしていました。

出産を迎えるまで結局いくつのクリームを使い切ったものやら…。
自分が好きな香りが付いたクリームを使うことでリラックス効果もありました。

その甲斐あって、二人産んだ今も妊娠線はありません。切迫早産による入院となった場合、常に安静にする必要があります。

常に点滴を受け、ごはん、お風呂、お手洗いの他はずっとベッドで生活します。

また点滴(ウテメリン)には副作用があり、手の震え・動悸・息切れがひどかったです。
少しずつマシにはなっていくのですが…。

入院中は本当にすることがないので、大人の塗り絵・編み物・ナンプレなどで暇な時間をやり過ごしていました。ひよこクラブモデル募集
妊娠生活の中、気をつける事は、食べ物や栄養バランスを見つめ直すことです。

栄養が赤ちゃんは自分でとることが出来ないためお母さんからもらうことから、母親がとるものは気をつけなければなりません。

カフェインは絶対にNGです。

コーヒー、ウーロン茶、紅茶などのカフェインを含む飲料は控え、お酒やタバコもやめることです。

また、カップラーメンなどのようなインスタントは塩分が多かったりするので控えてください。

ホームメイドの食べ物を食べることが大事です。フルーツ類も摂るといいですよ。
お腹に赤ちゃんのいるお母さんは意識してしっかり食べるようにして下さい。

吐き気のあるつわりでは、食べてもすぐに吐いてしまうかもしれませんが、少しづつでも良いですから、食べましょう。
にも関わらず、なぜか「どうしても食べたくて仕方ないもの」が、現れることがあります。

私の場合は「氷」がそうでした。
常にガリガリ食べていた気がします。
食べたいものを、食べたいように食べましょう。

パワーを付けなければ、お産も子育ても大変です。

気持ち悪くて食べる気にならない!と言ってないで、しっかり食べてくださいね。私はいわゆるできちゃった結婚でした。

最初妊娠検査薬を試した時は、まさか自分が母親?と喜びよりも不安の方が大きかったです。ですが愛する人との子を産みたいと思い、初産で知らないこともありましたが、色々調べている間に徐々に膨らんでくるお腹を愛しく感じていました。初めての胎動の時は嬉しくて嬉しくて。

子供を自分の身体に授かるということは、日々幸せに子供の成長を実感できる事なのだと感じました。

妊娠中は簡単に体重が増えてしまいます。あまり太らない体質で、どれだけ食べたとしても太らず、また太っても簡単に元に戻せると思い好物を気の向くままに食べていました。

すると気が付けば15キロも太ってしまい、料理を作るのも掃除も大変でした。産後1年になりますが、未だに体重は元に戻っていません。

やっぱりお医者様にいわれるように、栄養にも配慮しながら食事制限をし、適度な運動を続けることが大切だと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする