年齢を重ねて気になる肌と髪の変化について

歳を一つ重ねるごとにほうれい線やしわが気になってきますよね。

お肌の老化が気になりだしたらエイジングケアのスキンケア用品に変えた方が、老化の進むお肌に歯止めをかけられるかもしれません。ならば早いうちからと、エイジングケアを必要としない20代前後から対処し、エイジングケアに特化したスキンケア化粧品にしてしまうと、肌に余分な栄養を与えてしまい逆効果でしかありません。したがって、「対策するなら20代から!」は間違っており、年齢に見合ったものを使用してスキンケアしていく事が正しいエイジングケアになる事を忘れずに、毎日お肌のお手入れをしていきましょう。

肌が乾燥する理由の一つは洗顔です。お化粧をすると女子の場合、しっかりとメイクを落とす為にクレンジングをしてからさらに洗顔フォームを使用することが多いのではないでしょうか。

その際に、クレンジングや洗顔料が肌が必要とする皮脂を過剰に奪っていると思われます。

そして歳をとっていくと皮膚が分泌する皮脂の量は低下するようになり、お肌の乾燥化は加速していきます。したがって顔を洗った後は保湿力のある化粧水や乳液などでスキンケアしてあげる事が必要不可欠なのです。できてしまった妊娠線は一生消すことができない!そんな恐ろしい話を知っていたので、妊娠初期から妊娠線予防をしていました。

妊娠線は主にお腹や太ももにできるので、伸びのいいボディミルクやオイルをお風呂上りには必ず塗るようにして保湿していました。

ボディクリームもオイルも刺激が少ないマタニティ用のものを使用しました。
このボディケアで妊娠線ができる事はありませんでした☆産後3か月を迎えましたが、今も継続してお腹にボディクリームを塗るようにしています。私のお肌は敏感肌だからかシミが出来やすく、紫外線を吸収してしまうのか肌は地黒で、美白は諦めていました。

サエルはそんな人のためのものだと思います。含まれている3つの植物エキスが肌を生き生きとさせ、メラニンの素となるチロシナーゼの発生を抑えてメラニンができないようにしてくれる優れた一品なんです。
この効果によって、肌に透明感もたらして透き通る白さに。

市販のコスメと比較すると若干高額ではありますが、お値段以上の働きをきちんとしてくれるコスメだと思います。

私も使ってすぐに気に入ってしまいました。
肌の乾燥が気にしている人は化粧水や乳液を沢山つけてしまいます。
某化粧品会社でメイクをする機会があり、メイクアップアーティストの方から乾燥肌の場合はメイクを落とすところから変えてみるのがいいと教えて頂きました。
乾燥肌の方はメイク落としをミルクタイプのものにしてみましょう。シートは肌にダメージがあり絶対にしてはいけないのだそうです。

メイク落としをミルクタイプに変えてみてミルクタイプのものを使ってみましょう。最近になって大人ニキビができやすくなってしまった事が気になって、朝の洗顔は水で流すだけにして化粧水で肌を整え、外に出る際にはニキビが悪化しないように日焼けを避け、メイクの際には紫外線対策の為にUVカットコスメと日焼け止め入りのBBクリームをダブルで使って、自宅に帰りつくと何よりもまずはメイク落としですっぴん状態になり、お風呂で半身浴をして、汗を多く出し、お風呂から出た後はドライヤーで髪を乾かす前に、コットンパックで化粧水をたっぷりと肌に染み込ませてから乳液を使用して肌に潤いを与え、大人ニキビの原因となる乾燥や肌荒れがないように努めています。私がお肌のお手入れで重要だと思っているのは、1番目のスキンケア商品が浸透したら2番目を、2番目が浸透したら3番目を…ときちんと浸透するのを待つことです。

まず洗顔後タオルで水分を拭き取ってから化粧水をつけます。

続けてすぐに美容液を使うのではなく、初めの化粧水がきちんと肌に馴染むまで待つ必要があります。化粧水が肌に馴染んだように感じたら美容液をつけます。

この時も美容液が肌に浸透するのを待ちます。

美容液がお肌に染み込んだら乳液を付けてお手入れ終了です。

じっくりとスキンケアに時間を掛けてあげるとしっとりと潤いのあるお肌になりますよ~!何よりも効果をはっきりと感じたのは、マッサージで顔の表情筋をほぐしトレーニングで表情筋を鍛えるというものです。顔に現れた老いに対するエイジングケアには、弱ってしまった表情筋を鍛え直すことで、お肌の表面はツヤとハリが戻りシワも気にならなくなったように感じます。

特に効果を感じたのは、表情筋のパーツを意識してトレーニングを行った時です。

年齢に囚われず若く見られるには、顔や首といった人目につく部分のシワをいかに薄くするかが重視されると思います。

顔の表情筋を鍛えると、たるみ肌の解消や肌にハリが生まれシワを薄くすることができます。
道具もいらず、場所もとらず、思い出した時にすぐできるのがいいと思います。

年齢に比例して現れる気になる肌トラブルといえば、たるみ、しわ、ほうれい線。

年々老けていく自分の顔にショックを受ける事もありますよね。
エイジング化粧品でお手入れを行っていますが、これだけでは十分な効果を得られないので表情筋を鍛えるために、ちょっと人様にはお見せできないような顔で表情筋体操をしています。

お風呂で一人のリラックスタイムに普通の暮らしの中の表情では使う事のない筋肉も可動するように様々な表情で筋肉を鍛えたり、マッサージでほぐしたりしています。

始める以前と比べるとキュッと顔が引き締まった気がしますし、ほうれい線もうっすらと見える程度になりました。
エイジングケア用のスキンケア商品を使っていますが、ベターっと塗りつけるのではなくちょっとしたテクを使うようにしています。

どうにかしてなくしたい頬から口にかけてのほうれい線は線がなくなるように頬を膨らませてから美容液などを塗布し、お肌の手入れの終盤にはあご、頬、こめかみを手のひらでグイーッと押し上げるマッサージをするようにしています。

たるみは目元にも現れるようになったので、目元に使える保湿クリームを少しでもたるみが解消されるようにツボ押しやマッサージをしながら塗っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする