こすりすぎ、洗いすぎはダメ

乾燥肌はガサガサし顔を洗った後や起きた時ピリピリと痛いですね。

乾燥肌には保湿が最重要なのです。

数々の野菜や果物を食べてビタミン補給をし、水分補給を行います。

それから、化粧水を塗った後は蓋の役目を果たすクリームや美容液を必ずつけましょう。

身体の中と外、両方から改善していくことが大切です。

日常生活では入浴により肌が乾燥します。

美容の上で入浴は重要ですが一歩間違うと乾燥肌の原因に。
入浴の際の乾燥肌対策を紹介します。
1.お湯の温度温度設定は38~39度が好ましく、20分以内の入浴が目安です。

2.こすりすぎ、洗いすぎはダメ。体を洗う時には、よく泡立てた石鹸等で優しく洗いましょう。3.入浴後、保湿をする。
お風呂上りには肌の表面から水分がどんどんと蒸発するので、早めに保湿ケアをしましょう。
冬以外でそこまで乾燥肌に悩まされる事はないのですが、いよいよヒートテック系の肌着で寒さ対策をしようとなると乾燥肌が目立つようになります。ヒートテック系肌着が使用している吸湿発熱素材は大きな特徴として、皮膚が水蒸気として発している僅かな水分子を吸収しその水分子を液体に戻す際に得る熱エネルギーで発熱する仕組みなのですが、普段は肌の乾燥は気にならない私ですが、こうして肌から水分が奪われてかなり乾燥肌になってしまいます。吸湿発熱系の肌着などを着用していて、乾燥肌が気になる方はコレが原因の可能性がありますよ。発熱系素材を着るなら「出掛ける前」に保護を目的に、「帰ってきたら」補う目的で、必ずボディミルクなどで肌を保湿、保護すると良いですよ。
肌のハリ、弾力成分は歳とともに減っていきます。

お肌の状態は人それぞれな為、エイジングケアを始める時期もそれぞれになる訳ですが、お手入れ後すぐに違いが出でくるものでもないので、年齢肌対策は早期から行うとより効果的です。

これまで使用してきたスキンケア用品をエイジングケアできるものに変え、血流を良くする為のリンパマッサージや美容液をたっぷりとお肌に与えるフェイスマスクでよりお手入れに時間をかけるなど、年齢に負けない美肌を目標に続けていくことでシワやたるみのないプルプル肌を維持できるのです。

できてしまったシワやたるみも、へこたれずに問題を解消してハリツヤ肌を手に入れる為に頑張りましょう。
歳を重ねても若さを失いたくないという気持ちこそ、モチベーションアップに繋がるのです。
私だけでなく女子にとっても欠かせない存在が、毎日のスキンケアです。

最近は男子もスキンケアをしっかりしてうるツヤ肌を手に入れたりしていて女の子よりも綺麗な方が多く見られます。加齢とともに肌も年老いていくので私は家の中にいる時でもほぼ毎日UVカットクリームを使用するようにしていたり、洗顔フォームもふかふかと弾力のある泡が立つまでしっかりと泡立てネットを使ってから肌を洗い水で流すようにしたりしています。小さな事が歳をとった頃に今の頑張りが出ると信じスキンケアは常に意識してやっています。頬はカサカサ乾燥、額はテカテカ油っぽい…いわゆる混合肌というものですが、「洗顔はゴシゴシ擦るのNG!洗顔したら保水&保湿はたっぷりと!」というスキンケアの大前提を守り忠実に、かつスピーディに実施してお肌のコンディションも上向きになってきました。洗顔料、化粧水、乳液等々…膨大な数の商品から自分のお肌とベストマッチする商品を見つけ出す事も大切かもしれませんが、「基本がしっかりできている」肌でなければ功をなさないこともわかりました。面倒なので基本を守らずに済ませてしまうこともありますが、そうするとやっぱりカサカサベタベタミックスのお肌に逆戻り…基本を忘れずに!と自戒するようにしましょう。肌の乾燥が慢性的になるとガサガサになってしまうし洗顔後や起床直後に肌がヒリヒリ痛む人もいるのではないでしょうか。

乾燥肌が間違いなく必要とするのは保湿です。
食事や間食などでいっぱい野菜&果物を食べてビタミン、ミネラル、葉酸など肌や体調を整える栄養素を補給し、お水をたくさん飲みます。また、化粧水をたっぷりとつけて皮膚を潤わせた後にはきちんとそれをフタをするクリームや美容液を必ずつけるのです。

体の内側からも外側からも補給してあげることが大事なのです。妊娠の初期段階ですでに、肌が過敏になりいつも使っていた化粧品やスキンケア用品で肌トラブルが現れるようになりました。

チクチクとした痒みが皮膚と衣類の摩擦で生まれるようになり、顔がカサカサになってきたりしました。
この時、これ以上肌に負荷をかけたくなかったので無添加の化粧品を使うこと決めました。出産後はこれまでの体の痒みが嘘のように消えました。ただ肌の乾燥は変わらずでした。
出産を終えるとわずかに残った体力も時間も育児に奪われていき、出産前と同じように自分の肌と向き合う時間を確保することができず、時短でもしっかりとスキンケアできるオールインワンジェルを愛用するようになりました。妊娠線ができたら生涯そのまま…!そんな恐ろしい話を知っていたので、妊娠線ができないように妊娠初期から様々な事をしていました。
妊娠線は主にお腹や太ももにできるので、ボディクリームやボディオイルを保湿目的でお風呂から出た後には必ず塗っていました。ボディケアは妊娠線対策用の刺激の少ない製品を使用しました。

そのおかげで妊娠線ができることはなかったです!出産から3か月が経ちましたが、引き続きボディケア用品を使ってお腹をマッサージしています。

エイジングケアと謳われている化粧品でお肌をケアしていますが、ただ塗るだけではなく塗り方を工夫しています。口元にできてしまったほうれい線にはまずほっぺたを膨らませてほうれい線を伸ばすようにしてから化粧品をしっかりと塗り、お肌ケアの終わりには手の平で顔のたるみを持ち上げるマッサージをしています。
近頃は目の周りもたるむようになったので、目元ケアクリームを塗りながら目の周りにあるたるみ解消のツボを押してマッサージしてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする