「 2018年07月 」一覧

疲れ目の対策として話題のルテインを摂取できるサプリ

パソコンやスマホの普及によって最近では、眼を日常的に酷使しているのが現代人です。
気づかない間に目に疲れをためている人もたくさんいるのではないでしょうか。多くいらっしゃるのではないでしょうか。放っておくと視力の低下や、頭痛、肩こりなど身体のあちこちに影響が出てきます。

女性ですと目の下の隈や血行不良など美容の点からも気になる問題です。
眼の疲れを感じたらでは遅いのです。自身の体が悲鳴をあげる前に意識して眼を休ませる事がたいへん大切な事なのです。

最近スマホをよく使うようになったのですが、ゲームなどで長い時間使用すると目がかゆくなってきます。先日、眼精疲労の症状であるということが分かりました。

この眼精疲労は肩こりや頭痛の原因にもなりえるそうです。

目がかゆくなった時の対処として、対策方法として自分はツボを押すようにしています。
ツボは清明という場所で、目頭と鼻の先の間を摘まむように押さえるのですが、これが一番効果があり目のショボショボがすっきりします。最近ではネットやドラッグストアで簡単にコンタクトを手に入れることができる時代です。
それゆえ思い違った使用方法で、目が病気になる方が増えてきましたね。スマホやパソコンを長時間使用することで、目の疲労やドライアイになる人も急激に増えています。
近くばかりを凝視すると筋肉がこわばり近視の原因にもなります。1時間に約10分は目を休めるよう心がけ、目のストレッチをして血流を良くすることがオススメです。

可能ならホットタオルを目に当てるのも効果が高いです。

近年、テレビ以外にスマホやタブレットなど液晶画面を多くの場面で見ることが多くなりました。

仕事でパソコンは必須アイテムとなり、多くの人が目の疲労を感じています。

近年、ブルーベリーにとても多い栄養素といわれているアントシアニンという成分がいっぱい入っているサプリメントや健康食品の種類が増えてきています。目が衰えはじめたと感じる人にも人気の商品となっており、たくさんのメーカーさんが気合をいれています。
私はトラックドライバーの仕事をしていますが、20代のときと今では視界が全く違います。

20代の時は遠くの看板でも見えていましたが、今では遠くの看板はボヤけて見えてある程度近づかないと見えなくなりました。ですから運転中は目が疲れます。
目の疲労対策としては、休み時間や荷物待ちの時間などを使って【温かくなるアイマスク】を使用しています。これが疲れ目に効き、気もち良くなります。

目の健康に関して、私達はこれまで以上に気をつけなければなりません。
時間さえあればスマートフォンを操作する、スマホ依存になっている人が非常に増えているからです、しかも意識的に行っているわけではないのです。
スマホを当然のように購入している現代人は、自分に意識がなく、視力がどんどん低下していきます。

さらに、昔よりも身の回りの自然が減ってパソコンやスマホばかりを見る習慣が増えたので、当然目は悪くなるばかりです。

眼精疲労になってしまう原因はパソコンやスマートフォンのLEDディスプレイから流れるブルーライトが原因で、そうしたガジェットを使う若者世代も眼精疲労に悩む人が多いようです。簡単に早く治したいならパソコンやスマホの画面に貼るブルーライトカットフィルター」と「pcメガネ」を利用することで対処できます。私自身以前は眼精疲労に悩んでいましたが、上の2つを使用する事で目が楽になりました。

1度お試しください!長時間PCの画面を見続けていると、2、3年前までは気になることはなかったのにここ最近になって、目の奥のほうがモワーンとして頭痛がするようになりました。眼科へ行っても病気などはなくお疲れなのでしょうと目薬を処方されました。

しかし目薬を使っても、一時凌ぎにしかならずパソコン作業をしているとまた目の調子が悪くなります。それではと疲れ目にいいサプリメントを検索するとブルーベリーやルテインが効くとのことでこれらが入っているサプリメントを利用しています。

スマホを長時間見たり、本を読んだりしていると、眼精疲労になってしまいます。

そのような場合、私は目の周りのツボを押してます。

10回ほど押して、その後は目をしばらく閉じます。

これをすると目の疲れがかなりとれます。

さらに、意識して瞬きの回数を増やします。

ドライアイ対策に良いですし、視力や目を守るための予防になっています。コンタクトの交換の為眼科へ行き受診したら診察の結果緑内障と白内障と言われてしまいました…先生によると、ある程度歳を重ねてきたら眼科の検診を受けるよう勧められました。人間ドッグでは分からないそうです。目も臓器の一つなので、長年使っていると何らかのトラブルが出てくるらしい。

とりわけ、今回診断された白内障は年を取ると症状が出ることが多く、早期発見、早期治療が大切なんだと言われました。今では毎月眼科で検診を受けています。